長崎で送迎バス・貸切バス・観光バスをご利用の際は、ぜひ長崎ラッキーバスをご用命ください。お客様のオリジナル旅行をご提案致します。

運輸安全マネジメント

  • HOME »
  • 運輸安全マネジメント

平成31年度の取り組みについて

ラッキーバス株式会社

1.輸送の安全に関する基本的な方針

目標:安全輸送を最優先します!!
安全への取り組み

ラッキーバスは「法令遵守」「乗務員の健康管理」「車両整備の徹底」を三本柱に安全輸送を確固たるものにするため、以前にも増して経営トップが輸送の安全確保が最も重要であるという意識を全社員に浸透させるとともに、安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善のサイクルを活用した、安全を最優先とした取組を行い、より一層の安全・安心・信頼される輸送を実現すべく全社員一丸となって取り組んでまいります。

2.輸送の安全を実現するための目標

  • 1.輸送の安全確保を最重要とし、関係法令、社内規定で定められた事項を遵守します。
  • 2.輸送の安全を確保するための費用を確保し、効率的かつ積極的に投資します。
  • 3.輸送の安全に関する社内教育の計画を策定し、これを実践します。
  • 4.乗務員の健康管理の維持及び過労を防止するために、健康診断時にSAS検査、MRI診断等を積極的に受診させます。
  • 5.運輸安全マネジメントの内部監査を行い、経営者も交えた積極的な意見交換の場を設け、さらなる安全対策の向上を目指します。

3.安全輸送に関する重点施策

  • 1.車内事故防止のために、シートベルト着用案内の車内アナウンスを徹底させます。

  • 2.健康起因事故防止のために、SAS検査及びMRI診断、MRA診断を積極的に受診させます。

  • 3.事故ゼロを目標に安全運行に努めます。

4.平成30年度の取組結果報告

(1)事故件数

平成30年度(平成30年4月~平成31年3月)
区分 目標 実績
人身事故 0件 0件
有責事故 0件 2件
物損事故 0件 16件
健康起因事故 0件 0件
飲酒運転 0件 0件
平成31年度(平成31年4月~平成32年3月)
区分 目標
人身事故 0件
有責事故 0件
物損事故 0件
健康起因事故 0件
飲酒運転 0件

※ 物損事故の定義:有責・免責、車両・相手の損傷の大小に関わらず軽微なものであっても事故報告書作成がなされたもの

(2)自動車事故報告規則第2条に規定する事故発生状況(国土交通省に報告が必要な重大事故)

平成30年度 0件

(3)乗務員の健康起因による事故発生状況

平成30年度 0件

(4)平成30年度までの投資計画結果

①4点カメラ式ドライブレコーダー24台設置済み (平成31年度中に全車両設置予定)

ドライブレコーダー

ドライブレコーダー2

車両周囲の状況の記録性能向上の為、前方1点カメラ式のドライブレコーダーから、4点式のドライブレコーダーへと変更し、後方・側方・車内(運転席付近)の映像、音声を記録できるように改善しました。
また、今後導入する車両へも導入時に取付けを行います。

②先進安全自動車(ASV)、衝突被害軽減ブレーキ(PCS)、車両安定制御システム(VSC)搭載車両の導入 (平成31年度中に5台導入済み)◆保有車中約19%)
PCS・VSC装備車両の導入の画像◆ PCS・VSC装備車両の導入
緊急停止ブレーキ搭載車の導入の画像◆ 緊急停止ブレーキ搭載車の導入

新規導入車両は全て先進安全装備を備えた車両を導入し、安全輸送のさらなる向上を目指し、積極的に車両機能の向上のための投資を行っています。

③デジタルタコグラフの導入(88.4%導入済)
デジタルタコグラフの導入の画像

車両運行状況の詳細な運行状況把握と勤務管理の為にデジタルタコグラフを導入。
またGPS機能搭載式で車両の位置をリアルタイムで把握し詳細な運行状況の把握に努めています。

④血圧計・携帯型心電計の導入
血圧計の画像◆ 血圧計
携帯型心電計の画像◆ 携帯型心電計(平成30年12月購入)

乗務員の健康起因による事故の発生防止の為、点呼スペースに血圧計と心電計を備え付け、主に宿泊を含む運行を行うドライバーを対象に血圧・心電図の測定を行い、点呼時の健康状態把握の参考に役立てています。また、各人の健康への関心を高め、健康管理の素材として活用するように指導を行っています。

⑤1年に1度、適性診断(一般診断)の全乗務員への実施(平成30年度中に実施済)

1乗務員の安全運転への意識を高め、自身の運転行動の癖や性格傾向を再認識し、安全運転へと繁栄させることを目的に、1年に一度「自動車事故対策機構(NASVA)」主催の一般診断を受診させています。受診後は運行管理者と診断結果を元に面談を行い、乗務員・運行管理者ともに運転特性を把握して注意点を共有するようにしています。

⑥「運転記録証明書」の取得(平成30年度中に実施済)

1年に一度「運転記録証明書」を申請し、全乗務員の交通違反点数を定期的に確認し、乗務員の安全教育の参考に活用しています。

⑦ITアルコールチェッカー(スマートフォン連動)導入 (平成31年1月購入)
ITアルコールチェッカー(スマートフォン連動)1
ITアルコールチェッカー(スマートフォン連動)2
ITアルコールチェッカー(スマートフォン連動)3

スマートフォン連動の遠隔式ITアルコールチェッカーを導入し、点呼時のアルコール検査の厳格化と記録保管の詳細化、また効率化を進めています。

⑧脳MRI・MRA検査の導入 (平成30年12月までに3名)

健康起因による事故防止のため、平成30年より、脳MRI・MRA検査の導入を開始しました。
突然の意識障害を発生する脳血管疾患を事前に防止する事に有効なこれらの検査を実施し、体調急変に伴う事故の防止するため、今後も継続して受診人数を増やしてゆく計画です。

⑨携帯電話回線利用無線機の搭載 (平成28年6月導入済)
携帯電話回線利用無線機の搭載

携帯電話回線を利用した無線機を全車両と営業所へ備え付けています。携帯エリア内であれば日本全国で通信可能です。
また、一斉通話やグループ通話、個別通話の切り替えが可能な為、迅速でピンポイントな情報の送受信が可能となっています。

5.平成31年度輸送の安全に関する投資計画

平成31年度 項 目 予 算
車両 先進安全自動車新規2台設置予定
後付け衝突防止補助システム導入
(10車両に対して設置予定)
健康管理 脳MRI・MRA検査の実施
(3~4名に対して実施予定)
健康診断(年2回)
乗務員教育 適性診断(初任・一般・適齢)
安全講習会・整備講習会
救命救急講習
消防・避難訓練
安全管理 貸切バス事業者安全性評価認定制度二ッ星取得
合計

6.安全輸送実現の取組

ラッキーバスPDCAサイクル

ラッキーバスでは年間を通じ、安全輸送実現の為に経営者を交えて安全に対する基本方針と重点施策、安全目標、年間教育計画等を策定し、現場での実際の乗務員教育や設備投資へと活かしています。
また、運輸安全マネジメントの内部監査を実施し、計画内容が適切に実行に移されているかを評価、判定し、内容の改善へ役立て、新たな計画策定の活かしています。

事故発生時の報告・事故処理体制図

事故発生時の報告・事故処理体制図

安全管理について

安全統括管理者:今村 忠輔(取締役部長)
安全管理規程(PDF)

「ホームページを見た」とお伝え頂くとスムーズです TEL 095-887-0334 FAX .095-887-0330.
受付時間 9:00 - 18:00 [ 平日・土日祝 ]

運輸安全マネジメントに関する取り組み
インフルエンザ・ウイルス対策車
AED設置施設
日本バス協会

長崎ラッキーグループ

ラッキータクシーへ   ラッキーバスへ   ラッキーグループ福祉事業部へ   ラッキーモーターサービスへ
PAGETOP
Copyright © ラッキーバス株式会社 All Rights Reserved.